隣人調査トナリスクお客様の声

「田舎ならではの人間関係トラブル」の不安を払拭

隣人調査依頼の背景

もともと郊外の庭付き一戸建てに住みたいと夫婦で話しており、色々と調べていました。YouTubeで「ラクジュ不動産」「くらお」等も見ていました。

「田舎暮らし」等のキーワードで情報収集すると、「都会よりも郊外の方が近隣トラブルが多い」という情報が書いてあり、不安に思っていました。

実際によさそうな物件が見つかった段階で、近隣トラブルを予防するためにはどんな方法があるかなと検索をしました。最初は自分たちで実際に現地で聞くしかないのではと思い、声掛けの方法なども調べました。そんな中でトナリスクを見つけました。

仕事がバタバタしていたこともあり、自分たちで調べるよりもプロにお願いしたほうが安心だと思い、トナリスクに依頼しました。隣人関係は後から変えられないようなので、数千万の買い物の前のリスク予防に10万程度を払うことは、自分の中では合理的な選択でした。

また中古一戸建てを購入予定で、物件のリスクがないかどうかも気になったので、ホームインスペクションも実施しました。

松尾大史
代表 松尾

都会を離れると、より近隣の方との関係性は気になりますよね。移動時間もかかり、仕事がある中で現地調査は難しいと思いますので、ご相談いただけて何よりです。

調査への印象

全体としては実施して良かったです。報告書もわかりやすかったです。

後ろの家が法人社宅ということまでわかりありがたかったのですが、欲を言えば「その会社がどんな会社か」まで調べてもらえると有り難いですね。もちろん自分で分かる範囲は調べたので、特に問題はありませんでした。

また、調査自体の課題ではないですが、ホームインスペクションと隣人調査を同時に実施したり、住宅ローン控除をリフォーム会社の方と相談しながら進めたこともあり、契約前のコミュニケーションが大変でした。まとめて実施してもらえると嬉しいです。

松尾大史
代表 松尾

物件検討の直前は短時間に色々なことを決めたり調べる必要があり、大変ですよね。このような大変さをしっかり理解した上で、よく実施されるサービスを同時にまとめてやるなど、より安心&便利に使っていただける方法を模索できればと思います。

調査への要望・改善点

調査報告は隣人・住民への聞き込みが中心でしたが、それ以外の聞き込みを行っていただけるとよりよいかと思います。例えば近くのカフェや店舗に聞き込みするなど。隣の住んでいる人よりも利害関係がないですし、その地域だけでなく、近隣地域と比較することもできるのではと思いました。

松尾大史
代表 松尾

アイデア有難うございます。店舗へのヒアリングの方が住民ヒアリングよりも難易度は低く、現実的に実施しやすいと思いますので、調査拡充の一案として検討していきます。

松尾
代表 松尾

不動産購入時に、隣人近隣トラブルに少しでも不安があれば、ぜひお気軽にご相談ください!30分無料相談も受付中です!